■矢筈山 1848.5m
 ■徳島県
 ■2012年8月19日(日) 晴れのち曇り
 ■
地図 クリックしてね

  自宅am7:00-R193-脇町-R192-三加茂-県道44号線
  深渕-落合峠(登山口)am8:30-出発am8:40-三角点am9:10
  サガリハゲ分岐am10:05-山頂(昼食)am10:50-出発am11:30
  サガリハゲ分岐pm0:00-三角点pm0:50-登山口pm1:10

  ■歩行時間約4時間(昼食・小休止含む)

   

■避暑にピッタリの山は・・・・・・


お盆も終了したのに日中はまだまだ暑い
こういう時は
標高が高くて歩行時間が短い山
となると
落合峠からの矢筈山!
落合峠は四国の中で車で行く事が出来る一番高い場所
標高は1520m、雪が最後まで残る場所でもあります
三加茂から県道44号線を北上
途中、何箇所か工事をしていたので
平日は通行止め状況を調べてから行った方が無難だと思います
ちなみに日曜日は工事は休みでした
途中、楽しみにしていた
深渕の牧場は放牧してなく残念・・・・・・・
am8:30
落合峠到着!
車から降りたとたん・・・・・・・涼しい〜 
ここは別世界?いったい何度なんだろう
じっとしていると寒い位だ
暑い!暑い!と言っていたのがウソのよう・・・・・・


▲烏帽子山登山口
真夏の雲が広がっています


▲落ハゲ方面
飛行機雲がキレイだったので〜


▲矢筈山登山口

■ススキが風に揺れて・・・・・・


am8:40 山頂へ向かって出発
腰ほどある笹原を登って行きます
笹に付いた露で腰から下はビチョビチョ
でも冷たくて気持ちがいい
笹原の中では早くもススキが揺れています
暑い暑いと言っても季節は着実に秋に近付いているようです


▲眼下に落合峠(標高1520m)


▲ススキが風に揺れて〜


▲初秋の風景をもう一枚♪


▲雄大な笹原の奥に烏帽子山


▲こんな稜線を歩いてきました

■樹林帯を進む


笹原を過ぎるとモミの純林が美しい樹林帯へ入り
軽いアップダウンを進んで行きます
樹林の中は直射日光が当たらないので涼しくて快適!
このルート一厳しい、ロープが設置されている
急登を登り切るとサガリハゲ分岐が見えてきました
サガリハゲ方面は歩く人も少ないのか、笹が茂り放題
一度は登ってみたい山ですが歩きにくそう〜
サガリハゲ分岐を過ぎるとトラバース気味に進む事になります
この付近は一面、テンニンソウのお花畑
地味な花ですがこれだけ群生すると圧巻です


▲四等三角点                    ▲モミの純林

▲サガリハゲ分岐                 ▲テンニンソウのお花畑


▲オオカメノキの実


▲コガクウツギ

■山頂へ〜


出発から約二時間で山頂へ到着
山頂はアブがブンブンと飛び回っているので
なんだか落ち着かない
そういえば昨年も同じ頃に登り
アブに刺された痛い思い出があります^^;
ここは落ち着かないので矢筈岩の上で昼食をとる事にしました


▲矢筈山山頂1848.5m                  ▲矢筈岩

■矢筈岩の上から・・・・・・


幸い、矢筈岩の上まではアブも寄って来ず
のんびりと昼食を食べる事が出来ました
矢筈岩の上からは、剣山から三嶺までの稜線がクッキリと見えました
わずか二時間弱でこの大展望が楽しめるなんて
なんていい山なのでしょう〜
ふと、南方面を見るとナント、落合峠が見えるでは・・・・・・
駐車した車も見えています
ここから落合峠が見えるという事は落合峠から
矢筈岩が見える!という事?
下山時に確認してみないと・・・・・・・


▲矢筈岩の上から山頂へ向かうお二人をパチリ!


▲イワキンバイ


▲矢筈岩の上から見た落合峠
駐車した車が見えます


▲剣山・塔ノ丸・次郎及・西熊山・三嶺

■下山


時間も早いので石堂山への縦走も可能ですが
この季節、午後からの天候の崩れが心配です
ここは欲張らず下山する事にしました
色とりどりに咲く花を楽しみながらのんびりと歩きます
笹が茂り歩きにくい箇所もありますが
全体的には快適な登山道が続きます
pm1:10 登山口着!
ここから矢筈岩を遠望してみましたかイマイチ確信がもてません
次回は双眼鏡持参で再訪しようと思います
この季節、涼しくて短時間で歩く事が出来る山・矢筈山!
一足先に初秋を楽しむ事が出来ました・・・・・・


▲祖谷方面から落合峠へ続く道

 矢筈山に咲く花達 2012/8/19


 
・シコクフウロ        ・ハガクレツリフネソウ      ・ツリガネニンジン

・タカネオトギリソウ        ・ホソバシュロソウ       ・ヤマトウバナ

・アキノキリンソウ           ・コオニユリ           ・シモツケソウ

・ゲンノショウコ           ・イブキトラノオ           ・ウツボグサ

・オオヤマハコベ         ・タニソバ            ・シシウド
               ※他ヤマジノホトトギス・アザミ・コナスビ・ナンゴククガイソウ・ソバナ等が咲いていました




※この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、
数値地図50000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。
(承認番号 平17総使、第596号)