• 週末を利用して四国の山々を歩いています。

■石鎚山 1982m @愛媛県 三連休!大賑わいの石鎚山

■2019年9月15日 日曜日 晴れ時々曇り

土小屋9:50 休憩所 東陵分岐11:15 二の鎖小屋12:20 弥山(昼食)13:10

出発13:50 東陵分岐14:45 休憩所 土小屋15:55

■歩行時間 約6時間(昼食・小休止含む)

※この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第596号)

金曜日は年金説明会の為、大阪へ行き娘宅に立ち寄り翌日帰宅

説明会では具体的な金額も教えて頂き満足とまではいかないけど

こんなものかと納得(^^;

やっぱり働けるうちは働かないといけないのかな・・・・・・

そして連休二日目は超久しぶりに石鎚へ・・・・・・

道中、ヒガンバナ・・・・

そういえば来週は彼岸の入りですね

久しぶりに走る瓶ヶ森林道・・・・・

笹ヶ峰への稜線もクッキリ!

ここのところ雨女だった私、今日はスッキリとした空の下を歩けそうです

この場所からの風景が一番美しく、毎回必ず写真を撮る場所です

瓶ヶ森林道といえばトヨタカローラスポーツのCMで

菅田将暉さんと中条あやみさんがドライブデートで話題になった場所

別名UFOラインとも呼ばれる天空の道です

何度見ても感動の風景~

林道沿いは花盛り、朝早く出発したのに寄り道が多く登山口は遠いです(^^;

イシヅチウスバアザミ?

シオガマギク

ミヤマヒキオコシ

シコクブシ

10時前・・・・・やっと登山口である土小屋到着です

三連休という事もあり駐車場は満車!

おまけに女子トイレには長い行列・・・・・

やっと遅い出発です

登山道へ入るとすぐに、かわいいキノコが目につきました

秋は花もキノコも楽しめて一石二鳥です

ありゃ!まだアサギマダラ

早く暖かい方へ移動しないと冬が来るよ!

そして本日の目的!リンドウが花束状態です♪

次から次へと現れるリンドウについつい足が止まります

もう少しで休憩ポイント

これはガマズミ?赤い実と黒い実が混ざっています

後日、オオカメノキだとピオーネさんから教えて頂きました

成就との合流点、二の鎖小屋が見えてきました

ここで丁度12時という事で二の鎖小屋前は大混雑です

私達は山頂で昼食にしようという事になり小休止のみで出発です

信者さんが吹かれるホラガイの音色が、荘厳な雰囲気を醸し出してくれます

こんなかわいい登山者ともお会いしました

お聞きすると四歳との事

装備もバッチリ!我が家の孫もそろそろ山デビューさそうかな?

三連休中日という事もあり凄い人出です

日頃に比べ、若い人やファミリーが多く、さすが日本百名山です

ふと下山される方を見ると、なんとまぁ~グランパさんとグランマさん!

久しぶりの再会に大盛り上がりです

山頂でブロッケンに遭遇されたとか・・・・私達も見れるといいなぁ

山での出会いは最高です!

石鎚を代表する、この風景、久しぶりに見る事が出来ました

そういえば愛媛県の最新分県ガイドの表紙にもなっていますね

急登を登り切ると・・・・・

西冠から二の森へ続く稜線

二の森へは一度登ったきり長い間行っていません

石鎚から向かっても堂ヶ森から向かっても遠く、

行きにくい山の一つでしょうか・・・・・

弥山着!

紅葉の季節にはまだ早いのに大混雑!

石鎚神社もこのとおりです

この日は天狗岳もクッキリと姿を見せてくれました

天狗岳へも登山者が鈴なりです

ナナカマドの紅葉も始まり、紅葉フィーバーも秒読み段階です

天狗岳を眺めながら昼食

そろそろ温かなラーメンの出番でしょうか

のんびりと遠望を楽しみ下山・・・・・

下山時も次から次へと登山者が登ってこられます

今夜の山頂小屋は満員御礼?

重い荷物を背負って軽々歩かれるボッカさん

山頂で冷たい飲み物や食料を補充出来るのもボッカさんのおかげ

多少値段が高くても納得です

登る時に、何度も何度も写したのに、またついつい撮影

リンドウに「モデル料高いよ!」と言われそう~

15:55 登山口まで戻ってきました

冷たい飲み物で喉を潤し帰路につきました

長い道中、運転していただいたKamatamaさん!

同行頂いた、え~ちゃん!ピオーネさん!

ありがとうございました。また宜しくお願いします。

□本日出会った花達□□

・クサノウオオバノギクとベンケイソウ

・クサノウオオバノギク・

・ミソガワソウ

・アキチョウジ

・シラヒゲソウ

・ヒナノウスツボ    ・ウメバチソウ     ・ミヤマノダケ

・ハナイカリ      ・ハガクレツリフネソウ ・レイジンソウ

・ツルニンジン     ・サラシナショウマ   ・シコクフウロ

・ミヤマトウヒレン   ・ダイモンジソウ    ・オタカラコウ

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です